ポルトガル豆知識

ポルトガルで有名人と言えば…

ポルトガルで有名人と言えば、マゼラン、ヴァスコ ダ ガマ、フランシスコ ザビエル・・・え? 実はザビエルはバスク人。ポルトガル王の依頼で初めてキリスト教を日本に伝えました。

有名な肖像画は、ザビエル没後に日本人絵師が創造で描いたものであるらしい。外国にあるザビエルの絵は相当なイケメンで、しかも髪の毛はフサフサのものが多いようです。
さて現在にも、フランシスコ・ザビエルさんが日本にいらっしゃいます。その方は、2015年1月15日に着任した駐日ポルトガル大使です。(綴りは同じですがFrancisco Xavierはポルトガル読みではフランシスコ・シャヴィエル大使です)

 

ポルトガルはコルク生産No.1

全世界のコルク生産量の約50%はなんとポルトガル。
吸水性がなくワインの瓶の栓に、断熱性があるため鍋敷きに、弾力性があるため硬式野球のボールに使用。しかしバットはダメのようです。コルクバットを使ったサミー ソーサは謹慎に・・・。コルクはコルクガシの樹皮を剥がして作られ、9年後にはまた剥がせます。しかもその果実ドングリを食べてイベリコ豚は育ちます。

 

ポートワイン

“紅白” のルーツは源平合戦 (源氏が白旗、平氏が紅旗を揚げて合戦)。源平合戦時期に建国のポルトガル(1128年)の紅白ポートワインと、琥珀(色)のポートワインなんてのもあります。

ポルトガルと言えばポートワイン!ポルト港から出荷される特産のワインで18世紀にイングランドに大量に輸出。イングランドでは、輸出港をポート(Port)、ポルトガル語のポルト(Porto)も港を意味し、同源であるためイングランドでポートワインと呼ばれ有名になりました。今ではポート&シェリー&マデイラは世界3大酒精強化ワインとして有名です。

 

 製法は?

ぶどうの発酵の途中でブランデーを加え発酵を止めます。そうするとアルコール度数が高くぶどうの果実味が残った甘いワインができるのです。100年以上楽しむ事ができると言われています年を重ねれば深みを増す『人』そのもの。甘く、優しく、少し危険な大人のワイン『ポートワイン』オススメです!
さて、ワールドカップまでもうすぐです。優勝を目指すポルトガルのスーパースター クリスチアーノ・ロナウド。彼に並ぶポルトガルが生んだ世界的人物のご紹介です。ポルトを拠点とし、世界中に作品を発信し続ける国際的建築家。巨匠アルヴァロ・シザです。

シザの建築は、建てる場所の特徴を受け入れたシンプルかつ詩的な造形美をもち、権威ある賞を多数受賞。日本の建築界でも知らない人はいないというほどのスーパースターです。
シザは、世界3大近代建築の巨匠

★フランク・ロイド・ライト
★ミース・ファン・デル・ローエ
★ル・コルビジェ

のミース・ファン・デル・ローエと、ル・コルビジェに影響を受けたモダニズム建築の継承者と言われています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です