小さいころから抱え続けているコンプレックス

人にはさまざまな良い面や悪い面があると思いますが、そんな中でも自分自身のコンプレックスでお悩みの方も多いのではないでしょうか。コンプレックスがあることで、少し消極的になってしまったりまた悩みを隠そうとしてそのために努力をせざるを得なかったりします。人それぞれ、何かしらの悩みやコンプレックスを抱えていると思います。

そんなコンプレックスの悩みを抱えている中のひとりです。小さい頃からずっと今まで背が高かったのでそのコンプレックスを抱えて生きています。もちろん背の順に並ぶときは一番後ろに並び、何をするにも他の子供よりも背が高いだけで目立ってしまいます。なので他の子が同じことをしても、背が高いという理由だけで学生時代は先生に怒られやすかったりしました。自らの成長を止めることは不可能なので、どうすることもできませんでした。

また掃除の時間などには、背が高いという理由でいつも高いところの掃除を任されます。上にあるものを取るためにも必ずと言っていいほど呼ばれ、取ってほしいとお願いされます。一見背が高いということはモデルさんみたいでいいじゃんという方もいますが、背が高いイコールいるだけで目立つので良い時は良いですが悪い時は本当に最悪です。モデルさんのようなスリムな体系でもないので、到底モデルになんてなれません。

また背が高いと日本人の家の作り的にどうしても平均身長で作られているため、よく頭をぶつけたりします。カウンターや作業台が低くて腰を痛めてしまうことも多いので、背が低いと台に上がればいいのですがそうもいきません。背が高いことが気になって肩が丸くなり、猫背になりやすいです。でもそうなると本当に消極的に見えたり、見た感じ格好悪いので姿勢には気をつけるようにしています。

姿勢には気をつけているので、正しい姿勢で歩いているだけで背が高く目立つので偉そうとか自信過剰なのではないかといった雰囲気に見られがちです。何とかこのコンプレックスをいい方向へ活かせることはできないものでしょうか。口コミの良いエステサロンに行ったってこればかりはどうしようもないですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です