節約に努めた大学時代

家庭に経済的な余裕がないのに、四年制の大学に進学してしまった私。

何とか学費だけは親に出してもらえたものの、通学にかかる交通費や昼食代、教材費などは自分で稼いだバイト代から工面しなければならず、常にお金がありませんでした。

大学の友だちからの飲み会の誘いや遊びの誘いも極力断り、お金もかかるからとサークルにも所属しませんでした。

一番惨めなのは昼食代を切り詰めなければならないことです。飲み物は自宅で作った麦茶を持参し、毎日おにぎりを握って持っていきました。

自宅のお米が切れていたときは、100円で5個くらい入っているロールパンを購入し、安価な魚肉ソーセージとマヨネーズだけを挟んで即席サンドイッチを作り、大学に持っていきました。

昼食代は工夫をすればお金がなくとも乗りきれましたが、問題は美容費と洋服代です。大学生という年頃の女の子なのに、美容院へ行くお金がありません。手

入れしないまま、髪はどんどん伸びていき、気づけば腰ぐらいの長さに到達しました。ポニーテールをするにも毛先があまりにバサハザで枝毛だらけです。

悩んだ末にあみだしたのが、頭の上で高く髪の毛をくくるおだんごスタイルです。これならば毛先のバサバサも目に付きませんし、すっきりとした印象を与えることができます。

夏の間も冬の間も私はこのおだんごの髪形で通しました。

洋服は衣装持ちだった社会人の姉から着なくなった洋服を貰って着ていました。好みでない服は週末にフリーマーケットを開き、売りさばいたりもしました。

そうしてフリーマーケットで得たお金でエスニック雑貨の店へ行き、私が購入していたのが、エスニック柄の大きな布です。

この布を使って、髪の毛につけるシュシュや、ウェストにゴムを入れた簡素なロングフレアースカート、大学の教科書を入れるトートバックまで作れることができたのです。

バイトや授業の合間にせっせと手縫いで自作して、身につけていくと、友人から意外にもおしゃれで可愛いと好評価でした。

エスニックなファッションとおだんごスタイルはお金のなさから生まれたアイデアだとは誰にも言えないまま、こうしてなんとか貧しい大学時代を乗り切ることができました。今となっては懐かしい思い出です。

今の時代は学生でもお金を貸してもらえるので、昔よりもお金に困る学生さんはいないんじゃないでしょうか。(参考:※学生借入

貧乏夫婦、家を買う

私の人生で一番大きな買い物といったら、やはり「家」です。

といっても、夫の稼ぎから毎月少しずつ支払っているので、私たちの、といことになりますが。

そもそも計画性のない私たちは、籍を入れて結婚、するはずが先に妊娠、しばらく二人で住む予定で引っ越していた狭いアパートに赤ちゃんがやってきて、一歳が過ぎようとするころ、さすがに狭いよね、といことで住まい探しをはじめました。

子どもがいるとなると、一戸建てがいいかも、、でも貯金もほとんどないし、家なんてどうやって買うのかな。住宅ローンのことも何もわからないけど、とりあえず不動産に行って話だけでも聞いてみよう、と思いました。

行ってみると、あちらは商売ですので丁寧に教えてくれました。頭金がなくても買えるそうで、我々の収入だと中古の一戸建て、長ーいローンを組めば手に入るのだとわかりました。

へえ~。毎月の負担はその頃のアパート代よりも安かったので、ありかな、と思いました。そのあと、物件を2件内見して、、なんと2件目の中古物件を買うことになりました。

内見の際、まあまあいいかな~いいんじゃない?と私が軽く言っていて、ひとまず保留したのですが、数日後夫から「決めたよ」と言われびっくり。人生最大の買い物を、なんともあっさり決めてしまいました。

普通は頭金もしっかり貯めて、何件もみて検討するのでしょうが、家に対する特別なこだわりもなく、お金もなかったので選択肢も限られていたので迷いもなかったのだと思います。

その後、準備金等に200万かかると聞いてあわててお互いの両親に借金をしたり、住宅ローンの金利だけでかなりかかってる!とか、後から気づくことも多かった浅はかな私たちでしたが、なんとか家を手に入れて、快適に暮らしています。

今は子どもも二人に増えて、うるさい毎日。ドタバタ走り回る男子を見て、一戸建てを買ってよかった、、とつくづく思います。

次の大きな買い物はこの家のリフォーム代になるかと思います。

そういえば家を買う前(独身の頃)は、整形ローンを組んでいたことがあります。当時一重の切れ長の目が凄いコンプレックスで、整形して二重にしてもらったんです。

整形費用はどうしても高額になるので、自分の貯金だけでは支払えず。

で、整形ローンを使って支払いすることになったんです。

私的には、あの時も結構思い切ったことしたな、って今さら思います。