貧乏夫婦、家を買う

私の人生で一番大きな買い物といったら、やはり「家」です。

といっても、夫の稼ぎから毎月少しずつ支払っているので、私たちの、といことになりますが。

そもそも計画性のない私たちは、籍を入れて結婚、するはずが先に妊娠、しばらく二人で住む予定で引っ越していた狭いアパートに赤ちゃんがやってきて、一歳が過ぎようとするころ、さすがに狭いよね、といことで住まい探しをはじめました。

子どもがいるとなると、一戸建てがいいかも、、でも貯金もほとんどないし、家なんてどうやって買うのかな。住宅ローンのことも何もわからないけど、とりあえず不動産に行って話だけでも聞いてみよう、と思いました。

行ってみると、あちらは商売ですので丁寧に教えてくれました。頭金がなくても買えるそうで、我々の収入だと中古の一戸建て、長ーいローンを組めば手に入るのだとわかりました。

へえ~。毎月の負担はその頃のアパート代よりも安かったので、ありかな、と思いました。そのあと、物件を2件内見して、、なんと2件目の中古物件を買うことになりました。

内見の際、まあまあいいかな~いいんじゃない?と私が軽く言っていて、ひとまず保留したのですが、数日後夫から「決めたよ」と言われびっくり。人生最大の買い物を、なんともあっさり決めてしまいました。

普通は頭金もしっかり貯めて、何件もみて検討するのでしょうが、家に対する特別なこだわりもなく、お金もなかったので選択肢も限られていたので迷いもなかったのだと思います。

その後、準備金等に200万かかると聞いてあわててお互いの両親に借金をしたり、住宅ローンの金利だけでかなりかかってる!とか、後から気づくことも多かった浅はかな私たちでしたが、なんとか家を手に入れて、快適に暮らしています。

今は子どもも二人に増えて、うるさい毎日。ドタバタ走り回る男子を見て、一戸建てを買ってよかった、、とつくづく思います。

次の大きな買い物はこの家のリフォーム代になるかと思います。

そういえば家を買う前(独身の頃)は、整形ローンを組んでいたことがあります。当時一重の切れ長の目が凄いコンプレックスで、整形して二重にしてもらったんです。

整形費用はどうしても高額になるので、自分の貯金だけでは支払えず。

で、整形ローンを使って支払いすることになったんです。

私的には、あの時も結構思い切ったことしたな、って今さら思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です