節約に努めた大学時代

家庭に経済的な余裕がないのに、四年制の大学に進学してしまった私。

何とか学費だけは親に出してもらえたものの、通学にかかる交通費や昼食代、教材費などは自分で稼いだバイト代から工面しなければならず、常にお金がありませんでした。

大学の友だちからの飲み会の誘いや遊びの誘いも極力断り、お金もかかるからとサークルにも所属しませんでした。

一番惨めなのは昼食代を切り詰めなければならないことです。飲み物は自宅で作った麦茶を持参し、毎日おにぎりを握って持っていきました。

自宅のお米が切れていたときは、100円で5個くらい入っているロールパンを購入し、安価な魚肉ソーセージとマヨネーズだけを挟んで即席サンドイッチを作り、大学に持っていきました。

昼食代は工夫をすればお金がなくとも乗りきれましたが、問題は美容費と洋服代です。大学生という年頃の女の子なのに、美容院へ行くお金がありません。手

入れしないまま、髪はどんどん伸びていき、気づけば腰ぐらいの長さに到達しました。ポニーテールをするにも毛先があまりにバサハザで枝毛だらけです。

悩んだ末にあみだしたのが、頭の上で高く髪の毛をくくるおだんごスタイルです。これならば毛先のバサバサも目に付きませんし、すっきりとした印象を与えることができます。

夏の間も冬の間も私はこのおだんごの髪形で通しました。

洋服は衣装持ちだった社会人の姉から着なくなった洋服を貰って着ていました。好みでない服は週末にフリーマーケットを開き、売りさばいたりもしました。

そうしてフリーマーケットで得たお金でエスニック雑貨の店へ行き、私が購入していたのが、エスニック柄の大きな布です。

この布を使って、髪の毛につけるシュシュや、ウェストにゴムを入れた簡素なロングフレアースカート、大学の教科書を入れるトートバックまで作れることができたのです。

バイトや授業の合間にせっせと手縫いで自作して、身につけていくと、友人から意外にもおしゃれで可愛いと好評価でした。

エスニックなファッションとおだんごスタイルはお金のなさから生まれたアイデアだとは誰にも言えないまま、こうしてなんとか貧しい大学時代を乗り切ることができました。今となっては懐かしい思い出です。

今の時代は学生でもお金を貸してもらえるので、昔よりもお金に困る学生さんはいないんじゃないでしょうか。(参考:※学生借入

貧乏夫婦、家を買う

私の人生で一番大きな買い物といったら、やはり「家」です。

といっても、夫の稼ぎから毎月少しずつ支払っているので、私たちの、といことになりますが。

そもそも計画性のない私たちは、籍を入れて結婚、するはずが先に妊娠、しばらく二人で住む予定で引っ越していた狭いアパートに赤ちゃんがやってきて、一歳が過ぎようとするころ、さすがに狭いよね、といことで住まい探しをはじめました。

子どもがいるとなると、一戸建てがいいかも、、でも貯金もほとんどないし、家なんてどうやって買うのかな。住宅ローンのことも何もわからないけど、とりあえず不動産に行って話だけでも聞いてみよう、と思いました。

行ってみると、あちらは商売ですので丁寧に教えてくれました。頭金がなくても買えるそうで、我々の収入だと中古の一戸建て、長ーいローンを組めば手に入るのだとわかりました。

へえ~。毎月の負担はその頃のアパート代よりも安かったので、ありかな、と思いました。そのあと、物件を2件内見して、、なんと2件目の中古物件を買うことになりました。

内見の際、まあまあいいかな~いいんじゃない?と私が軽く言っていて、ひとまず保留したのですが、数日後夫から「決めたよ」と言われびっくり。人生最大の買い物を、なんともあっさり決めてしまいました。

普通は頭金もしっかり貯めて、何件もみて検討するのでしょうが、家に対する特別なこだわりもなく、お金もなかったので選択肢も限られていたので迷いもなかったのだと思います。

その後、準備金等に200万かかると聞いてあわててお互いの両親に借金をしたり、住宅ローンの金利だけでかなりかかってる!とか、後から気づくことも多かった浅はかな私たちでしたが、なんとか家を手に入れて、快適に暮らしています。

今は子どもも二人に増えて、うるさい毎日。ドタバタ走り回る男子を見て、一戸建てを買ってよかった、、とつくづく思います。

次の大きな買い物はこの家のリフォーム代になるかと思います。

そういえば家を買う前(独身の頃)は、整形ローンを組んでいたことがあります。当時一重の切れ長の目が凄いコンプレックスで、整形して二重にしてもらったんです。

整形費用はどうしても高額になるので、自分の貯金だけでは支払えず。

で、整形ローンを使って支払いすることになったんです。

私的には、あの時も結構思い切ったことしたな、って今さら思います。

小さいころから抱え続けているコンプレックス

人にはさまざまな良い面や悪い面があると思いますが、そんな中でも自分自身のコンプレックスでお悩みの方も多いのではないでしょうか。コンプレックスがあることで、少し消極的になってしまったりまた悩みを隠そうとしてそのために努力をせざるを得なかったりします。人それぞれ、何かしらの悩みやコンプレックスを抱えていると思います。

そんなコンプレックスの悩みを抱えている中のひとりです。小さい頃からずっと今まで背が高かったのでそのコンプレックスを抱えて生きています。もちろん背の順に並ぶときは一番後ろに並び、何をするにも他の子供よりも背が高いだけで目立ってしまいます。なので他の子が同じことをしても、背が高いという理由だけで学生時代は先生に怒られやすかったりしました。自らの成長を止めることは不可能なので、どうすることもできませんでした。

また掃除の時間などには、背が高いという理由でいつも高いところの掃除を任されます。上にあるものを取るためにも必ずと言っていいほど呼ばれ、取ってほしいとお願いされます。一見背が高いということはモデルさんみたいでいいじゃんという方もいますが、背が高いイコールいるだけで目立つので良い時は良いですが悪い時は本当に最悪です。モデルさんのようなスリムな体系でもないので、到底モデルになんてなれません。

また背が高いと日本人の家の作り的にどうしても平均身長で作られているため、よく頭をぶつけたりします。カウンターや作業台が低くて腰を痛めてしまうことも多いので、背が低いと台に上がればいいのですがそうもいきません。背が高いことが気になって肩が丸くなり、猫背になりやすいです。でもそうなると本当に消極的に見えたり、見た感じ格好悪いので姿勢には気をつけるようにしています。

姿勢には気をつけているので、正しい姿勢で歩いているだけで背が高く目立つので偉そうとか自信過剰なのではないかといった雰囲気に見られがちです。何とかこのコンプレックスをいい方向へ活かせることはできないものでしょうか。口コミの良いエステサロンに行ったってこればかりはどうしようもないですからね。

大して仲が良くない友人の結婚式が1番困る

お金に困るのは、予想外な出費があった時です。特に困るのが、そこまで仲良くもない人の結婚式です。ご祝儀が3万円、髪のセット代が3千円、ワンピースが1万円。二次会をやられたら合計5万円もするんです。
断ろうかどうかとも思いますが、さすがにお金がないからといって断る事も出来ないし。結局本人の自己満足の為に5万円を消費するのです。とっても困りますね。

結婚式の場合は、引き出物をメルカリなどに出品して、少しでもお金になる努力をします。ワンピースを買うのも、中古屋さんが基本ですね。

他は、1日のみのアルバイトなどをして、お金を稼ぐ努力をします。生活費は、いつも以上に切り詰めて、美味しい料理を食べた分、しばらくは鳥の胸肉が中心のメニューになります。鳥の胸肉は安くて、体にも良いので。
野菜も高いものは買わず、豆苗などにして、栄養がかけないけれど、安い物に切り替えます。
日用品に関しては、コストコで大量に安く買い、ついでに試食をいっぱい食べて、晩御飯代をうかします。
他は、出来るだけ外食は控えて、行くとしたら、年上の先輩方と行き、出来るだけ奢ってもらえる事を祈ります。

予想外の出費は、結婚式だけでなく、お葬式や病院代などもあります。
お葬式はどうしようもないのですが、喪服は知り合いに借りるなどして、極略お金がかからないようにしています。
病院代は行かない事で悪化すると困るので、不調を感じたらすぐに行って治療をした方が経済的に良いと私は思うので、早め早めに行動するようにしています。私は鼻炎もちなのでよく耳鼻科に行きます。
かつ、病院に行かなくていいように、鼻炎の治し方を調べたりもしています。

安い果物や野菜は使いきれる量であれば購入し、定期的に栄養を摂ります。
最近のスーパーはメルマガ割引や、ポイントカードも充実しているので、その辺は抜かりなく活用するように心がけています。
他は、コンセントを毎回きちんと抜いて、待機電力などの無駄なひよは一切かからないようにしています。

ポルトガル豆知識

ポルトガルで有名人と言えば…

ポルトガルで有名人と言えば、マゼラン、ヴァスコ ダ ガマ、フランシスコ ザビエル・・・え? 実はザビエルはバスク人。ポルトガル王の依頼で初めてキリスト教を日本に伝えました。

有名な肖像画は、ザビエル没後に日本人絵師が創造で描いたものであるらしい。外国にあるザビエルの絵は相当なイケメンで、しかも髪の毛はフサフサのものが多いようです。
さて現在にも、フランシスコ・ザビエルさんが日本にいらっしゃいます。その方は、2015年1月15日に着任した駐日ポルトガル大使です。(綴りは同じですがFrancisco Xavierはポルトガル読みではフランシスコ・シャヴィエル大使です)

 

ポルトガルはコルク生産No.1

全世界のコルク生産量の約50%はなんとポルトガル。
吸水性がなくワインの瓶の栓に、断熱性があるため鍋敷きに、弾力性があるため硬式野球のボールに使用。しかしバットはダメのようです。コルクバットを使ったサミー ソーサは謹慎に・・・。コルクはコルクガシの樹皮を剥がして作られ、9年後にはまた剥がせます。しかもその果実ドングリを食べてイベリコ豚は育ちます。

 

ポートワイン

“紅白” のルーツは源平合戦 (源氏が白旗、平氏が紅旗を揚げて合戦)。源平合戦時期に建国のポルトガル(1128年)の紅白ポートワインと、琥珀(色)のポートワインなんてのもあります。

ポルトガルと言えばポートワイン!ポルト港から出荷される特産のワインで18世紀にイングランドに大量に輸出。イングランドでは、輸出港をポート(Port)、ポルトガル語のポルト(Porto)も港を意味し、同源であるためイングランドでポートワインと呼ばれ有名になりました。今ではポート&シェリー&マデイラは世界3大酒精強化ワインとして有名です。

 

 製法は?

ぶどうの発酵の途中でブランデーを加え発酵を止めます。そうするとアルコール度数が高くぶどうの果実味が残った甘いワインができるのです。100年以上楽しむ事ができると言われています年を重ねれば深みを増す『人』そのもの。甘く、優しく、少し危険な大人のワイン『ポートワイン』オススメです!
さて、ワールドカップまでもうすぐです。優勝を目指すポルトガルのスーパースター クリスチアーノ・ロナウド。彼に並ぶポルトガルが生んだ世界的人物のご紹介です。ポルトを拠点とし、世界中に作品を発信し続ける国際的建築家。巨匠アルヴァロ・シザです。

シザの建築は、建てる場所の特徴を受け入れたシンプルかつ詩的な造形美をもち、権威ある賞を多数受賞。日本の建築界でも知らない人はいないというほどのスーパースターです。
シザは、世界3大近代建築の巨匠

★フランク・ロイド・ライト
★ミース・ファン・デル・ローエ
★ル・コルビジェ

のミース・ファン・デル・ローエと、ル・コルビジェに影響を受けたモダニズム建築の継承者と言われています。